メニューへジャンプ 本文へジャンプ

櫻門ボクシング会

  1. Top
  2. 櫻門ボクシング会
  3. 櫻門ボクシング会会則

櫻門ボクシング会会則

日本大学桜門ボクシング会会則

第1章 総則

第1条
本会は日本大学桜門ボクシング会と称し、事務所の所在地を会長宅とする。
本会則の設立は平成15年3月22日とする。

第2章 目的及び事業

第2条
本会は会員相互の親睦と向上を図り、日本大学ボクシング部の興隆発展に寄与することを目的とする。
第3条
本会の目的を達成するために次の事業を行う。
1. 会報及び会員名簿等の発行
2. その他、目的を達成するために必要な事業

第3章 会員

第4条
本会の会員は次の者をもって組織する。
1. 日本大学ボクシング部出身者
2. 推薦会員(常任幹事会で推薦し総会で承認された者)

第4章 役員

第5条
本会に次の役員を置く。
1.会長   1名
2.副会長  若干名
3.幹事長  1名
4. 副幹事長 2名
5.常任幹事 若干名
6.幹事   若干名
7.監事   2名
第6条
本会に名誉会長・最高顧問・常任顧問・顧問・及び相談役を置くことが出来る。
名誉会長・最高顧問・常任顧問・顧問及び、相談役は常任幹事会の議を経て会長が委嘱する。
第7条
役員の任務は次の通りとする。
1. 会長は本会を代表し、会務を統括する
2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する
3. 幹事長は会長の命を受け、会務を執行する
4. 常任幹事と幹事は会務を処理する
5. 監事は会務を監査する
第8条
役員の選出は常任幹事会で選考し、総会の承認を得る。
第9条
役員の任期は2年とし、再選を妨げない。

第5章 会議

第10条
本会の会議は常任幹事会及び総会とし、会長がこれを招集し議長となる。
第11条
常任幹事会は必要に応じて随時開催し、会務を処理する。
第12条
総会は年1回開催するものとし、会務報告、役員の選任、その他必要な事項を協議決定する。また、必要に応じて会長が臨時総会を招集することが出来る。

第6章 会計

第13条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日までとする。
第14条
本会の経費は次のものをもって充てる。
1. 会費 (年額 5,000円)
2. 寄付金
3. その他の収入

第7章 附則

第15条
本会則は監事、常任幹事会の議を経て総会で決定する。
第16条
会員の慶弔規定は、別に定める。
第17条
各地区に支部長を設ける。
第18条
監事、常任幹事以上の役員はボクシング部に4年間在籍した者に限るものとする。
第19条
本会則は総会で承認された日から施行する。

平成29年5月27日

慶弔規定

(目的)第1条
この規定は、日本大学ボクシング会、会員に対して定めたものである。
(慶祝)第2条
会員が結婚した場合に、会長名で祝電を行うものとする。
(弔慰)第3条
会員及び配偶者が死亡したときには、会長名で打電するものとする。
以上の規定は、原則として過去3年間の会費納入者に適用するものとし、 平成24年5月13日から施行する。

支部長の設置

(目的)第1条
地区毎に支部長、副支部長、顧問を設け会員の親睦を緊密にし、桜門ボクシング会の発展に寄与することを目的とする。
(地区)第2条
地区支部は別紙の支部長、副支部長、顧問とする。以上の規定は、平成23年5月29日から施行する。

-




PAGE TOP